ムナグロタイヨウチョウ、ヤナギムシクイ

タイシリーズの続きで、今日はムナグロタイヨウチョウと、ヤナギムシクイと思われる個体をご紹介します。

最初はムナグロタイヨウチョウです。

ムナグロタイヨウチョウ( Black‐throated Sunbird)はパキスタンからインド、ネパール、ブータン、バングラデシュ、中国、ミャンマー、タイ、マレーシア、ラオス、カンボジア、ベトナムなどに分布するタイヨウチョウの仲間で、名前のように頭部から喉、胸にかけて黒色で、背中は濃赤褐色であるのが特徴です。

カオヤイ国立公園で目にしたムナグロタイヨウチョウのオス。動きが早くなかなかじっとしてくれませんでしたが、何とか写真に収めることができました。

ムナグロタイヨウチョウ1

ムナグロタイヨウチョウ2

ムナグロタイヨウチョウ3

次はヤナギムシクイと思われる個体です。

ヤナギムシクイ(Two-barred warbler)は夏季にロシア、中国北西部、中央アジアで繁殖し、冬季はインドシナ半島などに渡るムシクイ科の鳥で、日本には稀な旅鳥として日本海側の島嶼に渡来することが知られています。ヤナギムシクイは英名からも分かるように2本の明瞭な白い翼帯があるのが特徴です。

同じくカオヤイ国立公園で目にしたヤナギムシクイと思われる個体です。この写真でははっきりしませんが、ガイド氏によれば2本の明瞭な翼帯が見えたことからヤナギムシクイで間違いないということでした。

ヤナギムシクイ1

ヤナギムシクイ2

今日はカオヤイ国立公園で目にしたムナグロタイヨウチョウと、ヤナギムシクイと思われる個体をご紹介しましたが、今回、残念ながらヤナギムシクイについては、その特徴である2本の明瞭な翼帯を写真に収めることができませんでした。次回は是非、確たる証拠写真をゲットしたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる