ブッポウソウ、インドブッポウソウ

今日まで長々とタイで出会った野鳥たちをご紹介してきましたが、シリーズの最後にブッポウソウとインドブッポウソウをご紹介します。

最初は日本でもお馴染みのブッポウソウです。

ブッポウソウ(Oriental dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリアで繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息。日本には夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡りますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

夕闇迫るなかカオヤイ国立公園で目にしたブッポウソウの成鳥。暗くて本来の美しい色が出ませんが、特徴である赤い嘴を確認することができます。

ブッポウソウ5

ブッポウソウ4

こちらは別の場所にいたブッポウソウ。こちらも暗いうえ空抜けで本来の色が出ません・・・

ブッポウソウ2

ブッポウソウ3

ブッポウソウ1

次はインドブッポウソウです。

インドブッポウソウ(Indian Roller)はイラク、インド、タイ、ミャンマーなどに生息するブッポウソウの仲間で、背面は褐色で冠羽と尾羽は明るい青緑色、嘴は黒くて細長いのが特徴です。

ラチャブリー県の田園地帯で目にしたインドブッポウソウ。上記のブッポウソウ(体長約30cm)に比べるとやや大型(体長約33cm)で、羽衣の色もかなり異なります。

インドブッポウソウ1

インドブッポウソウ2

タイシリーズの最後にブッポウソウとインドブッポウソウをご紹介しましたが、今回訪れたタイ中部は山野の鳥から水鳥まで、実に多様な鳥たちが生息しており、野鳥観察、撮影を楽しむことができました。また、当エリアは冬季には越冬のため多くの冬鳥が渡来することで知られており、今度はそんな冬鳥を目当てに訪れてみたいと思いながらタイを後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる