初見のヒメウタイムシクイ

タイシリーズの途中ですが、先日、秋の舳倉島に行ってきましたので、その時出会った鳥たちをご紹介します。

最初は初見のヒメウタイムシクイです。

ヒメウタイムシクイ(Booted warbler)はロシア西部および西南部からカザフスタン、シベリア中南部、モンゴル北西部で繁殖し、冬季はインド東・南東部に渡り越冬するヨシキリ科の鳥で、日本には迷鳥として舳倉島、トカラ列島などで記録があるのみという珍鳥です。そんな珍し系のヒメウタイムシクイが数年ぶりに舳倉島に立ち寄ってくれたようです。

道路わきに姿を見せたヒメウタイムシクイ。頭部から体上面は淡灰褐色で、淡色の眉斑がはっきりあり、体下面は淡いバフ色みを帯びた汚白色で、全体の印象としてはムシクイの仲間というよりむしろヨシキリの仲間と思わせる雰囲気を持っていました。

ヒメウタイムシクイ1

警戒心はあまり強くないようで、いろいろなポーズをしてサービスしてくれました・・・

ヒメウタイムシクイ2

ヒメウタイムシクイ3

ヒメウタイムシクイ4

ヒメウタイムシクイ5

ヒメウタイムシクイ6

ヒメウタイムシクイ7

ヒメウタイムシクイ8

ヒメウタイムシクイ9

日本では過去4例(舳倉島2回、トカラ列島平島、長崎県諫早市)しか記録がないというヨシキリ科ヒメウタイムシクイ属のヒメウタイムシクイをご紹介しましたが、全体の印象としてはヨシキリ科の鳥という感じですが、頭の形や嘴の太さなどを見ると、やはり同じヨシキリ科のヨシキリ属の鳥たちとは少し異なった印象であり、ヒメウタイムシクイ属として分離独立していることに納得させられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる