ミヤマホオジロ

舳倉島の続きで、今日は冬鳥として人気のあるミヤマホオジロをご紹介します。

ミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)は夏季に中国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中国南部や日本、台湾へ南下し越冬しますが、そんなミヤマホオジロが今年も渡りの途中、島に立ち寄ってくれました。

学校のフェンスにとまったミヤマホオジロのオス第1回冬羽と思われる個体。オスの特徴である発達した冠羽に黄色い眉斑と喉、黒い過眼線と胸部の三角斑がありますが、成鳥に比べると色鮮やかさは今一歩及びません・・・

ミヤマホオジロ6

隣はジョウビタキのメス。

ミヤマホオジロ5

ミヤマホオジロ3

ミヤマホオジロ7

こちらは同じフェンスにとまったミヤマホオジロのメス第1回冬羽と思われる個体。メスは額から頭頂、頬は黒褐色で、胸にはオスに見られる黒色斑がありません。

ミヤマホオジロ4

枝にとまったミヤマホオジロのメス。

ミヤマホオジロ2

ミヤマホオジロ1

ミヤマホオジロ8

今日は島に立ち寄ったミヤマホオジロをご紹介しましたが、当地で体力をつけた後、越冬地である日本各地や中国東南部を目指し移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる