コサメビタキ

舳倉島の続きで、今日は日本でもお馴染みのコサメビタキをご紹介します。

コサメビタキ(Asian brown flycatcher)は夏季にシベリア南部、中国東部、朝鮮半島、日本、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部、インドネシア、フィリピンへ南下し越冬。日本では基亜種が夏季に九州以北に繁殖のため飛来し、秋になると南に渡って行きます。そんなコサメビタキが移動の途中、島に立ち寄ってくれました。英名のごとく体上面は灰褐色で、白いアイリングに特徴があります。

学校のフェンスにとまったコサメビタキ。手前はミヤマホオジロで、奥はジョウビタキのメス。このフェンスは小鳥たちにとって快適なとまり場所であるようです・・・

コサメビタキ1

コサメビタキ3

こちらは枝にとまったコサメビタキ。直射日光が当たらないと本来の灰褐色の色が出ます・・・

コサメビタキ4

コサメビタキ5

コサメビタキ6

こちらは虫でも見つけたのか地面に降りたコサメビタキ。白いアイリングが眼を大きく見せてくれます・・・

コサメビタキ2

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったコサメビタキをご紹介しましたが、当地で体力をつけた後、越冬地である東南アジアなどに向け旅立っていくものと思われます。来年春にはまた元気な姿で戻ってきてほしいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる