渡り途中のミミカイツブリ

今日は渡り途中のミミカイツブリをご紹介します。

ミミカイツブリ(Horned grebe)は夏季、北欧から中央アジア、シベリアからアラスカ、カナダで繁殖し、冬季、温帯域の沿岸域へ移動。日本では冬鳥として主に九州以北の沿岸などに渡来しますが、よく似たハジロカイツブリに比べ数は少ないようです。

渡りの途中、自宅近くの貯水池にやって来た冬羽のミミカイツブリ。冬羽では頭が黒く、よく似たハジロカイツブリの冬羽に比べ、嘴はまっすぐで先端が淡色。頭頂はなだらかで、顔の白黒の境界は明瞭で、より胴長な感じがします。

ミミカイツブリ1

下嘴基部から眼先に細い赤色線があるのも特徴です。

ミミカイツブリ3

ミミカイツブリ2

ミミカイツブリ4

ミミカイツブリ5

ミミカイツブリ6

ミミカイツブリ8

ミミカイツブリ9

何度も何度も水に潜って採餌していたミミカイツブリ。潜水時間は長く、どこに浮上してくるのか見当がつきません・・・

ミミカイツブリ10

ミミカイツブリ11

今日は自宅近くの貯水池に立ち寄った冬羽のミミカイツブリをご紹介しましたが、日本に分布するカイツブリの仲間には、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリの5種が知られていますが、ミミカイツブリだけはどちらかというと海洋性であり、沿岸部で越冬することが多いようです。内陸に位置する当貯水池には毎年、数百羽のカンムリカイツブリや、少数のハジロカイツブリが越冬のためやって来ますが、今回のミミカイツブリは恐らく移動中の立ち寄りであり、この後、最終越冬地に向け旅立っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる