シンガポールの野鳥たち・・・シキチョウ、メグロヒヨドリ、ミドリカラスモドキ

シンガポールシリーズの最後に、今までご紹介できなかった鳥たちをご紹介します。

最初はインドから東南アジア、中国南部にかけて留鳥として分布しているシキチョウです。今まで訪れた台湾、香港、ボルネオでもよく見かけましたが、ここシンガポールでもその姿を見ることができました。体長は約20cmで、尾は比較的長く、オスは頭部から背面にかけてと喉から胸は黒色で腹部は白色、翼に大きな白色の斑があるのが特徴です。シキチョウの英名はORIENTAL MAGPIE ROBINと言いますが、この羽色がカササギに似ていることが英名の由来だそうです(MAGPIEはカササギの意味)。

シキチョウ1

シキチョウ3

次はタイ南部からカンボジア、ボルネオ、フィリピンにかけて分布するメグロヒヨドリです。先般訪れたボルネオでも何度か目にしましたが、ここシンガポールでもごく普通に見ることができました。文字通り目の周りが黒く見るからにヒヨドリ科と思わせる鳥でした。

メグロ5

メグロヒヨドリ7

最後はフィリピン、インドネシア、ブルネイ、マレーシア、シンガポール、タイ、ミャンマー、バングラデシュ、インドなどに分布するムクドリ科のミドリカラスモドキです。一見カラスのように見えることからこのような名前が付けられたと思いますが、緑がかった黒色の体色に赤い目が印象的です。雌雄同色であり、背中が褐色で胸に縦斑があるのは幼鳥です。

ミドリカラスモドキ1

今日までシンガポールで出会った鳥たちを長々とご紹介してきましたが、お付き合いいただきありがとうございました。今回訪れたのはいずれもホテルからタクシーで行けるシンガポール植物園とスンゲイブロー自然公園の2ヶ所だけでしたが、それでも予想以上にたくさんの鳥たちに出会うことができました。今回も滞在期間が短く鳥の撮影には時間が足りませんでしたが、次回はもう少し時間に余裕を持って訪れたいものだと思いました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる