ハギマシコ

舳倉島シリーズの続きで、今日は同じく渡りの途中、島に立ち寄ったハギマシコをご紹介します。

ハギマシコ(Asian rosy finch)は夏季にロシア、モンゴル北部、中国北東部などの山地で繁殖し、冬季になると中国や朝鮮半島などへ南下し越冬。全体で5亜種に分類されています。日本ではシベリア東部の山地に分布する亜種ハギマシコ (Leucosticte arctoa brunneonucha) が冬季に越冬のため飛来しますが、一部は夏季に北海道や東北地方の高山帯に残る個体もおり、繁殖している可能性もあるようです。

漁港の船着き場で目にしたハギマシコの第1回冬羽と思われる2羽。お腹が空いているのか盛んに草の実を啄んでいました。

ハギマシコ7

ハギマシコ8

ハギマシコ9

漁船のロープなどが散乱していますが、鳥たちにとっては関係がないよとばかり、一心に草の実を食べていました。

ハギマシコ4

特徴である脇のバラ色の縦斑を見ることができます。和名はこの斑紋がハギの花のように見えることから、英名は脇のバラ色から名付けられたようです。

ハギマシコ5

ハギマシコ6

ハギマシコ1

ハギマシコ2

ハギマシコ3

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったハギマシコをご紹介しましたが、この2羽は他の鳥たちに邪魔されないようにするためなのか、わざわざ草の少ない船着き場だけで餌をとっていました。こんなところでも鳥たちは微妙に棲み分けをしているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる