弱肉強食の世界

舳倉島シリーズの最後に、今日は島で目にした弱肉強食の世界をご紹介します。

最初は小鳥を獲ったハヤブサです。

ハヤブサ(Peregrine falcon)は南極大陸を除くほぼ全世界に分布し、寒冷地に分布する個体群は冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬。日本では亜種ハヤブサが周年留鳥として生息し、冬季に亜種オオハヤブサや亜種シベリアハヤブサが越冬のため稀に飛来するようです。

そんなハヤブサですが、この時期、島に立ち寄る小鳥類を狙って活発に動き回っていましたが、偶然、獲物を獲ったハヤブサを目にすることができました。突然、こちらに近づいてきたハヤブサの幼鳥。

ハヤブサ0

すると、突然ハヤブサの成鳥が現れ幼鳥に襲いかかりました。よく見ると、幼鳥は小鳥を捕まえていました。

ハヤブサ1

何とか成鳥を振り切って逃げる幼鳥。脚には捕えた小鳥をしっかり掴んでいます・・・

ハヤブサ2

海岸線の岩礁に向かって必死に逃げる幼鳥。

ハヤブサ3

ハヤブサ4

無事、岩礁にたどり着きました・・・

ハヤブサ5

ハヤブサ6

次は同じく小鳥を捕まえたハシブトガラスです。

ハシブトガラス(Large-billed crow)はユーラシア大陸東部に分布し、日本では留鳥として、亜種ハシブトガラスが北海道から九州にかけて分布するほか、亜種チョウセンハシブトガラス(対馬付近に分布)、亜種 リュウキュウハシブトガラス(奄美群島以南の南西諸島に分布)、亜種オサハシブトガラス (八重山列島に分布)の3亜種の分布が確認されています。

水場近くの松の木に突然やって来た亜種ハシブトガラス。よく見ると口にはムクドリと思われる小鳥を咥えていました。

ハシブトガラス1

ハシブトガラス2

今日はハヤブサとハシブトガラスの犠牲になった小鳥たちをご紹介しましたが、自然界の掟とはいえ、渡りの途中ようやく島に辿り着いた小鳥たちが、このように犠牲なるのを見るのは実に耐え難いものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる