冬の使者 マガン

昨日に続き、今日はマガンをご紹介します。

マガン(Greater white-fronted goose)はカナダ、アラスカ、シベリア東部で繁殖し、冬季になるとアメリカ、韓国、中国、日本、メキシコなどへ南下し越冬。日本では冬鳥として主に北日本に局地的に渡来し、東北地方北部以北では旅鳥(北海道では少数が越冬)で、東北地方南部より南では日本海側に多いことが知られています。

有数のマガンの越冬地、新潟県朝日池の上空で目にしたマガン。特徴である胸から腹にかけての黒色の横斑を確認することができます。

マガン4

英名のごとく額から嘴基部にかけての白色部が目立ちます・・・

マガン5

マガン0

V字飛行をするマガン。

マガン9

マガン1

マガン10

遠くの山をバックに編隊飛行するマガン。

マガン11

マガン12

マガン13

マガン15

関東周辺ではめったに見ることができないマガンですが、昨年の山陰・斐伊川流域以来、久し振りにマガンの群れを楽しむことができました。冬の風物詩であるマガンはやはり年に一度は見てみたい鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる