ハクガン

昨日の続きで、今日はマガンの群れに交じっていたハクガンをご紹介します。

ハクガン(Snow goose)はカナダ北部、アラスカ州、シベリア東部などで繁殖し、冬季になると北アメリカ大陸西部へ南下し越冬する亜種ハクガン(Lesser snow goose:日本には数少ない冬鳥として渡来)と、カナダ北東部やグリーンランド西部で繁殖し、冬季になると北アメリカ大陸東部へ南下し越冬するオオハクガン(Greater snow goose:日本では北海道、東北など で数例記録があるのみ)の2亜種が存在します。今回当地では成鳥1羽と若鳥1羽を目にしましたが、大きさや嘴の大きさ、長さなどから亜種ハクガンと思われました。

新潟県朝日池でマガンの群れに交じって飛翔していた亜種ハクガン成鳥と思われる個体。

ハクガン1

ハクガン2

どんどんこちらに近づいてきました・・・

ハクガン10

ハクガン11

ハクガン12

ハクガン13

上空を横切って行った亜種ハクガン。初列風切の黒色と他の白色部とのコントラストが鮮やかです。

ハクガン3

ハクガン4

ハクガン6

こちらは遥か遠くの田圃で二番穂を啄んでいた亜種ハクガンの第1回冬羽と思われる個体。頭部から頸にかけてはかなり灰色みが強く見られます。

ハクガン22

ハクガン20

今日は亜種ハクガンの成鳥と第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、多くのマガンの群れに交じっている数少ないハクガンを目にすると思わず嬉しくなってしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる