今年も会えたヤマシギ

雪がらみのヤマシギが見たくて山麓のせせらぎを訪れましたが、運よく目的のヤマシギに出会うことができました。

ヤマシギ(Eurasian Woodcock)は夏にユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、冬季はヨーロッパやアフリカの地中海沿岸やインド、東南アジアなどに渡って越冬。日本では北海道では夏鳥、本州中部以北と伊豆諸島で留鳥、西日本では冬鳥として知られています。
そんなヤマシギですが、寒波の到来とともにようやく当地にもやって来てくれました。

雪の積もった水路に姿を見せてくれたヤマシギ。全身の羽毛は灰色、黒色、赤褐色などの細かいまだら模様の保護色ですが、水の中では比較的よく分かります。

ヤマシギ1

ヤマシギ3

全身を見せてくれたヤマシギ。

ヤマシギ4

こちらを横目で見ながら移動するヤマシギ。

ヤマシギ5

ヤマシギ6

ヤマシギ7

ヤマシギ8

今日は今年も目にすることができたヤマシギをご紹介しましたが、雪がらみのヤマシギはやはり年に一度は会いたい魅力ある野鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる