ワライカワセミ

昨日の続きで、今日はワライカワセミをご紹介します。

ワライカワセミ(Laughing kookaburra)はオーストラリア北東部のヨーク岬半島から南オーストラリア州アデレード付近にかけて分布するほか、西オーストラリア州南西部やタスマニア島、カンガルー島、ニュージーランドにも移入され分布を広げている体長約46cmの大型カワセミで、人の笑い声に似た大声の「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる囀りが名前の由来になっています。

昨日のシラオラケットカワセミと同じ森で何度も目にしたワライカワセミ。嘴は短くて太く、白色の頭部には黒褐色の冠羽と過眼線があり、濃褐色の上面には小雨覆、中雨覆、腰に水色が混じり、尾羽には黒色の帯が7本前後入るのが特徴です。

ワライカワセミ9

ワライカワセミ8

ワライカワセミ1

ワライカワセミ10

ワライカワセミ3

ワライカワセミ4

目の前に突然やって来たワライカワセ。口には大きな昆虫のようなものを咥えていました。

ワライカワセミ5

ワライカワセミ7

今日はカワセミ科の中では最大の種、ワライカワセミをご紹介しましたが、今回残念ながらその特徴である、人の笑い声に似た大声の囀りは聞くことができませんでした。次回もし訪れる機会があれば、是非その特徴ある囀りを聞いてみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる