モリショウビン

昨日の続きで、今日は同じくカワセミの仲間、モリショウビンをご紹介します。

モリショウビン(Forest kingfisher)はインドネシア、パプアニューギニア、ソロモン諸島、およびオーストラリア北・東部に分布する体長19~22cmの青色と白色が目立つカワセミ科ナンヨウショウビン属の鳥で、名前のように開けた森林や疎林に生息することが知られています。

ケアンズ近郊の開けた森の道路際で目にしたモリショウビン。オスでは喉からの白色の帯が後頸まで延びる(メスは後頸は青色)ことで識別できますが、この個体は果たしてどちらでしょうか・・・

モリショウビン5

モリショウビンは額に白斑があるのも特徴の一つです。

モリショウビン3

モリショウビン6

この写真を見ると後頸が青いようにも見えますので、やはりメスでしょうか・・・

モリショウビン7

こちらは別の場所で見たモリショウビン。こちらも後頸が青く見えますのでメスでしょうか・・・

モリショウビン1

モリショウビン2

別の場所で目にしたモリショウビン。こちらもメスでしょうか・・・

モリショウビン20

モリショウビン21

今日は青色と白色の対比が美しいモリショウビンをご紹介しましたが、モリショウビンは生息域により3亜種に分類されており、当地で目にしたのはオーストラリア北東部のヨーク岬半島からオーストラリアの東沿岸部、南東部のニューサウスウェールズ州付近にかけて分布する亜種Todiramphus macleayii incinctus と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる