オーストラリアクロトキ

再びオーストラリアシリーズに戻ります。今日はオーストラリアクロトキをご紹介します。

オーストラリアクロトキ(Australian white ibis)はオーストラリア大陸、ニューギニア島南部、モルッカ諸島、小スンダ列島、ソロモン諸島のレンネル島とベロナ島に分布するコウノトリ目トキ科の鳥で、日本でも稀な冬鳥として渡来するクロトキにもよく似ていますが、初列風切先端が黒く、嘴は薄く、脚があまり黒くなく暗褐色であることが特徴だそうです。

ケアンズ郊外の森の池の畔で目にしたオーストラリアクロトキ。右端の個体は頭部が灰黒色であることから幼鳥でしょうか・・・

オーストラリアクロトキ8

オーストラリアクロトキ0

横から見たオーストラリアクロトキ。こうして見ると嘴は薄く、脚が暗褐色であることが分かります。

オーストラリアクロトキ7

オーストラリアクロトキ5

マミジロカルガモと一緒のオーアストラリアクロトキ。この個体は頭部が灰黒色であることから幼鳥でしょうか・・・

オーストラリアクロトキ2

オーストラリアクロトキ1

オーストラリアクロトキ3

オーストラリアクロトキ4

今日は初見のオーストラリアクロトキをご紹介しましたが、本種は同属のアフリカクロトキの亜種として扱われることもあるようで、そう言われれば両者は大変よく似ているようにも見えます・・・
ご参考までに、以前アフリカで撮影したアフリカクロトキの写真を以下に掲載します。

アフリカクロトキ9


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる