マミジロクイナ

オーストライアシリーズの続きで、今日は同じく湿地帯で目にしたマミジロクイナをご紹介します。

マミジロクイナ(White-browed crake)は東南アジア南部から太平洋の島々、オーストラリア北部にかけて分布するクイナの仲間で、現在6亜種に分類されていますが、日本でもかっては硫黄島に亜種マミジロクイナ(Porzana cinerea brevipes)が生息していましたが、1911年の採集記録と1925年の観察記録以降報告がなく絶滅しています。今回、当地で目にしたのはモルッカ諸島、ニューギニア島、ビスマルク諸島、オーストラリア北部などに分布する亜種Porzana cinerea leucophrysと思われます。

昨日のトサカレンカクと同じ池で目にしたマミジロクイナの南方亜種。鳥までは距離があり鮮明ではありませんが、それでも名前のような白い眉斑を何とか確認することができます。

マミジロクイナ1

マミジロクイナ2

マミジロクイナ3

マミジロクイナ4

マミジロクイナ5

マミジロクイナ6

以前訪れたタイではマレーシアからスマトラ島、スンバワ島、モルッカ諸島などに分布する亜種Porzana cinerea cinereusを目にしましたが、見た目には極めてよく似ており、外見的にはほとんど区別がつきませんでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる