里山の代表的な冬鳥 シメ

昨日の続きで、今日は同じく冬の公園で目にした冬鳥 シメをご紹介します。

シメ(Hawfinch)はヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までのユーラシア大陸中部域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡ることが知られていますが、日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来します。

そんなシメが今年も公園にやって来てくれました。散策路脇の木にとまっていたシメ。頭部は淡茶褐色でで、眼先が黒色であることからオスと思われます。

シメ1

夏羽では鉛色になる大きくて太い嘴も、この時期では肉色をしています。

シメ2

シメ3

シメ4

その後、更に近くにとまったシメ。

シメ5

シメ6

シメ7

今日は里山の代表的な冬鳥、シメをご紹介しましたが、このちょっと不思議な和名ですが、「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる