年に一度は会いたいルリビタキ

自宅近くの里山を久し振りに散策しましたが、今日はその時出会ったルリビタキをご紹介します。

ルリビタキ(Red-flanked bluetail)は夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬。日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬します。

そんなルリビタキですが、今年も自宅近くの里山に降りてきてくれました。開けた林縁に姿を見せてくれたルリビタキのオス。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ4

ルリビタキ3

虫を見つけると地面に降りてきます・・・

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

こちらは体上面がオリーブ褐色のメス。

ルリビタキ10

ルリビタキ11

ルリビタキ13

今日は今季初めて目にしたルリビタキをご紹介しましたが、青色の美しいルリビタキはやはり年に一度は出会いたい鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる