ライチョウバト

昨日の続きで、今日はライチョウバトをご紹介します。

ライチョウバト(Squatter pigeon)はオーストラリア北東部に分布する体長26~31cmの地上性のハトの仲間で、和名は立ち姿や風貌がライチョウによく似ていることから名付けられたようです。

ケアンズ郊外の高原地帯で目にしたライチョウバト。眼の周りには赤いリングがあり、遠目にはライチョウの眼の上にある肉冠とよく似ています・・・

ライチョウバト1

ライチョウバト2

ライチョウバト3

夢中で餌を啄んでいたライチョウバト。

ライチョウバト4

ライチョウバト5

更に近づいて撮影。確かにライチョウとよく似ていますね・・・

ライチョウバト6

ライチョウバト7

ライチョウバト8

今日はライチョウによく似たライチョウバトをご紹介しましたが、それにしてもオーストラリアには風変わりなハトがいるものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる