オーストラリアチョウショウバト

昨日の続きで、今日は小型のハト、オーストラリアチョウショウバトをご紹介します。

オーストラリアチョウショウバト(Peaceful dove)はオーストラリア(南西部を除くほぼ全土)とニューギニア島に自然分布する体長19~21cmのハト科チョウショウバト属のハトで、かっては東南アジアに分布するチョウショウバト (Zebra dove) やインドネシアに分布するスンダチョウショウバト (Barred dove) と同種とされていましたが、近年、3種はそれぞれ別種として分類されています。

ケアンズ郊外の森で目にしたオーストラリアチョウショウバト。東南アジアに分布するチョウショウバトにもよく似ていますが、顔から胸にかけてチョウショウバトが青灰色なのに対し、こちらは灰色みがそれほど強くありません・・・

チョウショウバト5

チョウショウバト1

こちらは開けた疎林で目にしたオーストラリアチョウショウバト。

チョウショウバト2

チョウショウバト3

チョウショウバト4

今日はオーストラリアとニューギニア島に分布するオーストラリアチョウショウバト(Peaceful dove)をご紹介しましたが、このちょっと変わった英名の由来は学名(ラテン語)のGeopelia placida(穏やかなチョウショウバト)から来ているようで、これはオーストラリアチョウショウバトが番(つがい)や群れ、集団で生息することが多いという生態的特徴から付けられたものなのでしょうか? 名前の由来を考えると興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる