メガネコウライウグイス

オーストラリアシリーズの続きで、今日はメガネコウライウグイスをご紹介します。

メガネコウライウグイス(Australasian figbird)はオーストラリア北・東部、パプアニューギニア南部、インドネシアのカイ諸島などに分布する体長27~29cmのコウライウグイス科の鳥で、英名はイチジクを好物としていることから、また和名はオスの目の周りの露出した赤い皮膚がメガネをかけたように見えることから名付けられたものと思われます。

滞在中、各地で目にしたメガネコウライウグイスのオス。オスは日本にも渡来するコウライウグイス同様、体下面が鮮やかな黄色なのが特徴です。

メガネコウライウグイス6

メガネコウライウグイス7

メガネコウライウグイス5

こちらはイチジク科の木にやって来たオス。目の周りの赤色部分が鈍いことから若い個体と思われます。

メガネコウライウグイス1

メガネコウライウグイス2

メガネコウライウグイス3

こちらは体下面が白色で、暗褐色の縦斑があるメガネコウライウグイスのメス。

メガネコウライウグイス20

メガネコウライウグイス23

メガネコウライウグイス24

メガネコウライウグイス25

こちらのメスは体下面がクリーム色で、嘴もあまり黒くないので若い個体でしょうか・・・

メガネコウライウグイス21

今日はオーストラリア北・東部、パプアニューギニア南部、インドネシアのカイ諸島などに分布するメガネコウライウグイスをご紹介しましたが、メガネコウライウグイスは全部で5亜種に分類されており、今回ケアンズ近郊で目にしたのはオーストラリア北東部に分布する体下面が黄色い亜種キバラメガネコウライウグイス(Sphecotheres vieilloti flaviventris)と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる