シロハラコウライウグイス

昨日に続き、今日は同じくコウライウグイス科の鳥、シロハラコウライウグイスをご紹介します。

シロハラコウライウグイス(Olive-backed oriole)はオーストラリア北・東部およびニューギニアに分布する体長25~28cmのコウライウグイス科の鳥で、英名は背面がオリーブ色をしたコウライウグイスから、和名はお腹が白いことから名付けられたようです。

ケアンズ郊外のゴルフ場で目にしたシロハラコウライウグイス。木の中で休んでいたため葉被りですが、オリーブ色の背面を何とか確認することができます。

シロハラコウライウグイス1

お腹側から見たシロハラコウライウグイス。白い体下面には黒褐色の縦斑があり、赤みを帯びた嘴と眼が印象的です。

シロハラコウライウグイス2

シロハラコウライウグイス3

シロハラコウライウグイス4

シロハラコウライウグイス5

シロハラコウライウグイス6

今日はオーストラリア北・東部およびニューギニアに分布するシロハラコウライウグイスをご紹介しましたが、シロハラコウライウグイスは開けた森林環境や乾燥した気候にも適応しており、よく似たキミドリコウライウグイス(Green oriole)がオーストラリア北部の限られた地域にしか分布していないのに対し、こちらはオーストラリア北部から東部、南部までの広範囲に分布している点が大きく異なります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる