アオツラミツスイ

オーストラリアシリーズの続きで、今日からしばらくの間、オーストラリア区(オーストラリア、ニューギニア、ニュージーランド、ビスマルク諸島など)、オセアニア区(太平洋の島々)に数多く分布するミツスイの仲間をご紹介します。

最初はアオツラミツスイです。

アオツラミツスイ(Blue-faced honeyeater)はオーストラリア北・東部およびニューギニア南部に分布する体長25~30cmの大型のミツスイ科の鳥で、名前のように顔が鮮やかな青色で、花蜜や果実を好んで食べることからこのような名前が付けられてます。なお、アオツラミツスイは分布域により3亜種に分類されており、今回ケアンズ郊外で目にしたのはニューギニア南西部からオーストラリア北東部のヨーク岬にかけて分布する亜種Entomyzon cyanotis griseigularisと思われました。

アオツラミツスイ4

アオツラミツスイ7

アオツラミツスイ8

この花の蜜が好物なのか、盛んに嘴を花の中に差し込んでいました・・・

アオツラミツスイ9

アオツラミツスイ10

アオツラミツスイ11

アオツラミツスイ12

アオツラミツスイ16

アオツラミツスイ17

アオツラミツスイ18

今日は眼の周りの裸出した青い皮膚が美しい大型のミツスイ、アオツラミツスイをご紹介しましたが、アオツラミツスイは他の大型のミツスイ類と同様、他の鳥類に対して攻撃的であるとともに人に対してもときに攻撃性を示すそうで、また、バナナの果実を採餌することから、バナナ農場からは嫌われる存在としても知られているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる