ハシボソキミミミツスイ、コキミミミツスイ

昨日の続きで、今日は同じくミツスイの仲間で、ともによく似たハシボソキミミミツスイとコキミミミツスイをご紹介します。

最初はハシボソキミミミツスイです。

ハシボソキミミミツスイ(Graceful honeyeater)はオーストラリア東南部、インドネシア、パプアニューギニアに分布する体長14~16cmのミツスイ科キミミミツスイ属に属する鳥で、和名は嘴が細長く、耳羽の辺りに黄斑があることから名付けられています。

ケアンズ郊外の熱帯雨林にあるロッジ周辺で目にしたハシボソキミミミツスイ。後述のコキミミミツスイに比べると、嘴が細く長いことが分かります。

ハシボソキミミミツスイ5

ハシボソキミミミツスイ6

ハシボソキミミミツスイ7

別の花にやって来たハシボソキミミミツスイ。

ハシボソキミミミツスイ4

ハシボソキミミミツスイ2

ハシボソキミミミツスイ3

ハシボソキミミミツスイ8

次はコキミミミツスイです。

コキミミミツスイ(Yellow-spotted honeyeater)はオーストラリア北東部にのみに分布する体長17~19cmのミツスイ科キミミミツスイ属の鳥で、前述のハシボソキミミミツスイとよく似ていますが、ハシボソキミミミツスイより若干大きく、嘴が太く短いのが特徴です。和名はこれより一回り大きい体長19~21cmのキミミミツスイに比べ、若干小さいことから名付けられたようです。

ロッジの中庭にやって来たコキミミミツスイ。ハシボソキミミミツスイに比べ、嘴が太く短いことが分かります。

コキミミミツスイ1

コキミミミツスイ2

コキミミミツスイ3

今日は何れもオーストラリア北東部に分布するハシボソキミミミツスイとコキミミミツスイをご紹介しましたが、オーストラリア東部には何れもよく似たキミミミツスイ3兄弟の兄貴分と言われるキミミミツスイも分布しており、次回訪れる機会があれば、是非キミミミツスイも見てみたいものだと思いました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる