ケープヨークハゲミツスイ

昨日の続きで、今日はちょっと変わったミツスイの仲間、ケープヨークハゲミツスイをご紹介します。

ケープヨークハゲミツスイ(Cape york friarbird)はオーストラリア北部のヨーク岬半島およびクイーンズランド州北東部沿岸に生息する体長30~37cmのミツスイ科ハゲミツスイ属の鳥で、和名のように、顔には黒い皮膚が裸出し、頭上が銀灰色で、額にはやや隆起した瘤(こぶ)があり、下方に曲がる黒く大きな嘴を持つというちょっと異様な雰囲気を持った鳥です。

ケアンズ近郊の公園で目にしたケープヨークハゲミツスイ。

ケープヨークハゲミツスイ1

ケープヨークハゲミツスイ2

ケープヨークハゲミツスイ3

ケープヨークハゲミツスイ4

ケープヨークハゲミツスイ5

ケープヨークハゲミツスイ6

ケープヨークハゲミツスイ7

今日は恐竜のようなちょと異様な雰囲気を持ったケープヨークハゲミツスイをご紹介しましたが、本種は従来、トサカハゲミツスイ(Helmeted friarbird)の一亜種として扱われていましたが、現在は独立種として扱われることもあり、IOC(国際鳥類学会議)では現在検討種として、最新の研究成果を待っているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる