クロモズガラス

オーストラリアシリーズの続きで、今日はクロモズガラスをご紹介します。

クロモズガラス(Black butcherbird)はオーストラリア北部から北東部、パプアニューギニアに分布する体長31~44cmのフエガラス科モズガラス属の鳥で、英名のように全身光沢のある黒色で、嘴は大きく青灰色で先が黒く、先端がかぎ状に曲がるのが特徴です。

ケアンズ郊外の森で目にしたクロモズガラス。よく見ると嘴先端がかぎ状に曲がっているのが確認できます。

クロモズガラス1

こちらは別の場所で突然近くにやって来たクロモズガラス。

クロモズガラス3

よく見ると嘴には餌のようなものを咥えていkます。

クロモズガラス4

クロモズガラス5

すると幼鳥が突然現れ、親鳥から餌をもらいました。

クロモズガラス6

クロモズガラス7

親鳥が去った後の幼鳥。

クロモズガラス10

今日は日本では見られないフエガラス科モズガラス属のクロモズガラスをご紹介しましたが、クロモズガラスには5亜種が認められており、亜種により大きさに違いがあるようで、今回、当地で出会ったのはオーストラリ東部に分布する亜種Cracticus quoyi rufescensと思われ、体長はやや小型(33~38cm)でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる