タイワンセッカ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はタイワンセッカをご紹介します。

タイワンセッカ(Golden-headed cisticola)はインドからオーストラリアにかけて分布する体長約10cmのセッカ科の小鳥で、繁殖期には頭部、喉および胸部が明るい金色がかったオレンジ色になり、尾羽は非繁殖期よりも短くなることが知られています。

ケアンズ郊外の高原地帯で目にしたタイワンセッカのオス。既に繁殖期に入っているのでしょうか、嘴には虫を咥えており、頭部、喉および胸部は金色がかっていました。

タイワンセッカ9

タイワンセッカ10

タイワンセッカ1

タイワンセッカ3

タイワンセッカ4

タイワンセッカ5

タイワンセッカ6

タイワンセッカ7

雛に餌をあげるのでしょうか?飛び出していきました・・・

タイワンセッカ8

今日はインドからオーストラリアにかけて分布するタイワンセッカをご紹介しましたが、本種は分布域により12亜種に分類されており、今回目にしたのはニューギニアからオーストラリ北東部に分布する亜種Cisticola exilis diminutusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる