オーストラリアマルハシ、モリツバメ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はオーストラリアマルハシとモリツバメをご紹介します。

最初はオーストラリアマルハシです。

オーストラリアマルハシ(Grey-crowned babbler)はニューギニアからオーストラリアにかけて分布する体長約25cmのオーストラリアマルハシ科の鳥で、英名のように頭頂が灰色なのが特徴です。なお本種には2亜種が認められており、当地に分布するのはニューギニアからオーストラリア東部・南部に分布する基亜種Pomatostomus temporalis temporalisで胸が灰白色なのが特徴です。

ケアンズ郊外のゴルフ場で目にしたオーストラリマルハシ。

オーストラリアマルハシ1

餌をめぐっての争いでしょうか?2羽がバトルしていました・・・

オーストラリアマルハシ2

オーストラリアマルハシ3

オーストラリアマルハシ4

オーストラリアマルハシ5

オーストラリアマルハシ6

次はモリツバメです。

モリツバメ(White-breasted woodswallow)はフィリピン、マレー半島、ジャワ、ボルネオ、スマトラ、ニューギニア、オーストラリア、フィジーに分布する体長約17cmのモリツバメ科の鳥で、上面は褐色みを帯びた灰黒色で、胸以下の体下面と腰から上尾筒は白く、嘴は太く青灰色なのが特徴です。なお本種は分布域により9亜種に分かれており、今回当地で目にしたのはニューギニアからオーストラリア北部・東部に分布する亜種Artamus leucorynchus leucopygialisと思われます。

ケアンズ郊外の港で目にしたモリツバメ。青灰色の嘴が印象的です・・・

モリツバメ2

水面近くを帆翔するモリツバメ。腰から上尾筒にかけての白色部分が印象的です・・・

モリツバメ1

今日はオーストラリアマルハシとモリツバメをご紹介しましたが、なかでもモリツバメについては、過去、迷鳥として日本でも4回記録(フィリピン、ボルネオ、ブングラン諸島に分布する基亜種Artamus leucorynchus leucorynchus) があるだけに親しみを感じさせてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる