オーストラリアツバメ、キビタイツバメ、オーストラリアアナツバメ

オーストラリシリーズの続きで、今日はツバメとアマツバメの仲間、3種をご紹介します。

最初はオーストラリアツバメです。

オーストラリアツバメ(Welcome swallow)はオーストラリア、ニュージーランドに分布する体長約15cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、見た目には日本の南西諸島に分布するリュウキュウツバメにもよく似ていますが、尾羽がリュウキュウツバメより長いのが特徴です。なお、本種には2亜種が認められており、今回当地で目にしたのはオーストラリア中南部から東部、ニュージーランドに分布する基亜種Hirundo neoxena neoxenaと思われます。

ケアンズ近郊の農村地帯で目にしたオーストラリアツバメ。

オーストラリアツバメ7

こちらはケアンズ市内の海岸線で目にしたオーストラリアツバメ。日本で見られるツバメのように最外側の尾羽が細くて長いですね・・・

オーストラリアツバメ4

オーストラリアツバメ5

オーストラリアツバメ6

次はズアカガケツバメです。

ズアカガケツバメ(Fairy martin)はオーストラリア全土に分布する体長11~12cmの小型のツバメ科の鳥で、和名のように頭部が赤褐色をしているのが特徴です。

ケアンズ郊外の農村地帯で目にしたズアカガケツバメ。(上から2番目の大きなツバメはオーストラリアツバメ)

ズアカガケツバメ1

上部の2羽をアップしてみました。右側の小さいのがズアカガケツバメ。

ズアカガケツバメ2

ズアカガケツバメ3

ズアカガケツバメ4

体下面だけでなく、腰も白いですね・・・

ズアカガケツバメ5

最後はアマツバメの仲間、オーストラリアアナツバメです。

オーストラリアアナツバメ(Australian swiftlet)はオーストラリアの北東部に分布する体長約11cmのアマツバメ科アナツバメ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはオーストラリア東部の沿岸部に分布する基亜種Aerodramus terraereginae terraereginaeで、体下面は灰色をしていました。(内陸部に分布する亜種Aerodramus terraereginae chillagoensisは体下面が白い)

ケアンズ市内の海岸線で目にしたオーストラリアアナツバメ。

オーストラリアアナツバメ1

今日はツバメとアマツバメの仲間、3種をご紹介しましたが、何れもオーストラリア区特有の種であり、見るだけでも価値がありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる