カノコスズメ

昨日の続きで、今日も同じくカエデチョウ科の鳥、カノコスズメをご紹介します。

カノコスズメ(Double-barred finch)はオーストラリア北部から東部の乾燥したサバンナや草原、低木などに分布する体長10~11cmのカエデチョウ科キンパラ亜科キンカチョウ属の小鳥で、英名は喉と胸に2本の黒い帯があることから、和名は翼に鹿の子模様があることから名付けられています。

ケアンズ郊外の高原地帯で目にしたカノコスズメ。地面に降りて盛んに草の実のようなものを食べていました。

カノコスズメ1

カノコスズメ2

カノコスズメ3

カノコスズメ4

ひとしきり食事をした後は、近くの小木の枝にとまり休んでいました。

カノコスズメ9

カノコスズメ8

カノコスズメ5

今日は同じくカエデチョウ科の小鳥、カノコスズメをご紹介しましたが、カノコスズメは顔の周りにリング状の黒い帯があるため、一見フクロウの顔のように見えることから、別名フクロウ・フィンチとも言われているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる