オオアジサシ

昨日の続きで、ケアンズ沖のグレートバリアリーフにあるミコマスケイではアジサシの仲間5種を見ることができましたので、今日からそんなアジサシ類をご紹介していきたいと思います。

最初はオオアジサシです。

オオアジサシ(Greater crested tern)はアフリカ東部から南太平洋の海岸線にかけ広く分布する体長41~52cmのカモメ科アジサシ亜科Thalasseus属の鳥で、名前のように大型で、後頭がやや伸長(冠羽)した黒い羽毛で被われることから英名(crested=冠のある)の由来にもなっています。なお、オオアジサシには4亜種が認められており、今回目にしたのは日本でも夏季に小笠原諸島や琉球列島に飛来し西之島と尖閣諸島北小島で繁殖する亜種オオアジサシ(Thalasseus bergi cristatusi)と思われます。

集団で羽を休めていた夏羽のオオアジサシ。冬羽では頭頂がごま塩状態になります・・・

オオアジサシ2

黒い冠羽と黄色い嘴がオオアジサシの特徴です。

オオアジサシ22

オオアジサシ21

オオアジサシ18

オオアジサシ17

大きくトリミングしてみました・・・ 後ろの嘴の赤い個体はベンガルアジサシ。

オオアジサシ23

オオアジサシ20

周りはクロアジサシとベンガルアジサシ。

オオアジサシ25

飛翔写真です・・・

オオアジサシ6

オオアジサシ7

オオアジサシ11

オオアジサシ12

今日は日本でも西之島や尖閣諸島北小島で繁殖している亜種オオアジサシをご紹介しましたが、それにしてもこれほど多くのオオアジサシが繁殖している「鳥たちの楽園」ミコマスケイは何とも魅力的なところです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる