シロハラコビトウ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はシロハラコビトウをご紹介します。

シロハラコビトウ(Little pied cormorant)はオーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、パプアニューギニアなどに分布する体長50~55cmの小型のウ科の鳥で、嘴が短く、名前のように体下面が真っ白なのが特徴です。

ケアンズ郊外の川辺で目にしたシロハラコビトウの成鳥。顔から体下面が真っ白です・・・

シロハラコビトウ6

シロハラコビトウ1

シロハラコビトウ2

シロハラコビトウ3

シロハラコビトウ4

シロハラコビトウ5

こちらは別の場所で目にしたシロハラコビトウ。体上面は真っ黒です・・・

シロハラコビトウ7

今日はオーストラリアでは最小のウ、シロハラコビトウをご紹介しましたが、本種には3亜種が認められており、今回目にしたのは小スンダ列島からオーストラリアにかけて分布する基亜種Microcarbo melanoleucos melanoleucosと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる