クマタカのランデブー飛行

昨日の続きで、今日は同じく峠で目にしたクマタカのランデブー飛行をお届けします。

クマタカ(Mountain hawk-eagle)はインド、ネパールからタイ、中国、台湾、日本に至るユーラシア大陸南東部に分布するタカ科クマタカ属の猛禽で、分布域により3亜種に分類されており、日本では亜種クマタカ(Spizaetus nipalensis orientalis)が 留鳥として北海道、本州、四国、九州の山地に生息しています。

そんなクマタカですが、繁殖期のこの時期、ペアーが仲良くランデブー飛行をしていました。突然上空に現れたペアー。

クマタカ1

2羽で仲良く飛行するクマタカ・・・

クマタカ2

クマタカ3

1羽を大きくトリミングしてみました・・・

クマタカ4

クマタカ8

クマタカ7

森林生態系の頂点に位置し「森の王者」とも呼ばれるクマタカですが、繁殖は1年あるいは隔年に1回で、通常1回につき1卵しか産まず、また近年は繁殖に成功する番の割合が急激に低下し絶滅の危機に瀕していると言われています。今回、そんなクマタカのランデブー飛行を偶然目にしましたが、無事繁殖に成功し子孫を増やしてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる