タイワンノドジロガビチョウ

台湾シリーズの続きで、今日はタイワンノドジロガビチョウをご紹介します。

タイワンノドジロガビチョウ(Rufous-crowned Laughingthrush、学名:Garrulax ruficeps)は台湾中央部の低・中海抜の山地に分布する体長27~29cmのガビチョウ科ガビチョウ属の鳥で、かってはヒマラヤから中国南部、ベトナム北西部、台湾にかけて分布するノドジロガビチョウ(White‐throated Laughingthrush、学名Garrulax albogularis)の台湾亜種として分類されていたものが、近年、ノドジロガビチョウから分離独立し、台湾の固有種タイワンノドジロガビチョウとなったものです。

高山帯の低木にとまったタイワンノドジロガビチョウ。別種ノドジロガビチョウと比べると、英名のように頭頂部が赤茶色をしているのが特徴のようです。

ノドジロガビチョウ3

ノドジロガビチョウ4

ノドジロガビチョウ5

ノドジロガビチョウ6

こちらは道路わきの薄暗いブッシュにやって来たタイワンノドジロガビチョウ。間近で見ると喉の白さがひときわ目を引きます。

ノドジロガビチョウ1

ノドジロガビチョウ2

今日はかってのノドジロガビチョウから分離独立したタイワンノドジロガビチョウをご紹介しましたが、本種に限らず台湾の固有亜種は、分類の見直しに伴い台湾固有の別種として分離独立する傾向にあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる