FC2ブログ

クロヒヨドリ、タイワンシロガシラ

台湾シリーズの続きで、今日はヒヨドリの仲間2種をご紹介します。

最初はクロヒヨドリです。

クロヒヨドリ(Black Bulbul)はアフガニスタン、パキスタン、ヒマラヤ山域からミャンマー、インド、中国南部、台湾、インドシナ半島にかけて分布する体長約20cmのヒヨドリ科ヒヨドリ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、台湾では亜種Hypsipetes leucocephalus nigerrimusが留鳥として生息しています。

台北の市街地で目にしたクロヒヨドリの台湾亜種。全身黒色で風切外弁の一部は灰白色、真紅の嘴と足が印象的です。

クロヒヨドリ1

クロヒヨドリ4

クロヒヨドリ5

次は亜種タイワンシロガシラです。

シロガシラ(Light-vented Bulbul)は中国中南部からベトナム北部、台湾、日本などに分布する体長18~19cmのヒヨドリ科シロガシラ属の鳥で、全部で4亜種が認められており、日本では亜種ヤエヤマシロガシラ(Pycnonotus sinensis orii) が八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島)に留鳥として分布するほか、台湾原産の亜種タイワンシロガシラ(Pycnonotus sinensis formosae)が人為的に持ち込まれたと考えられる個体群が沖縄本島南部で繁殖しています。

白い帽子のような頭が特徴の亜種タイワンシロガシラ。

シロガシラ5

シロガシラ3

シロガシラ4

シロガシラ2

今日はタイワンに分布するヒヨドリの仲間2種をご紹介しましたが、日本のヒヨドリもそうですが、ヒヨドリの仲間たちは鳴き声だけでなく、見た目にも共通した特徴を持っているように見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる