FC2ブログ

タイワンヤマガラ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンヤマガラをご紹介します。

タイワンヤマガラ(Chestnut-bellied Tit)は台湾の中・低海抜の山地に分布する体長12~14cmのシジュウカラ科ヤマガラ属の台湾固有種で、かってはヤマガラ(Varied Tit)の8亜種(ヤマガラ、ナミエヤマガラ、オーストンヤマガラ、タネヤマガラ、ヤクシマヤマガラ、アマミヤマガラ、オリイヤマガラ、タイワンヤマガラ) の一つとされていましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)では、オーストンヤマガラ(八丈島、御蔵島、三宅島)、オリイヤマガラ(西表島)、タイワンヤマガラの3亜種を別種として分離独立させています。

森林公園の水場にやって来たタイワンヤマガラ。英名のように濃い栗色の体下面が印象的です。

ヤマガラ1

ヤマガラ2

ヤマガラ3

ヤマガラ4

ヤマガラ5

満開の桜にやって来たタイワンヤマガラ。

ヤマガラ6

ヤマガラ7

ヤマガラ8

今日は台湾の固有種タイワンヤマガラをご紹介しましたが、見た目には北海道や本州、四国、九州などで普通に見られるヤマガラの亜種ヤマガラとよく似ていますが、分子系統学的解析ではヤマガラの亜種間ほど近縁ではないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ