イワバホオジロ

4月後半、春の渡りの中継地、トカラ列島に行ってきましたので、しばらくの間、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は今回一緒に訪れたベテランバーダー氏が見つけてくれたお陰で初めて目にすることができた迷鳥のイワバホオジロです。

イワバホオジロ(Grey-necked bunting)はトルコ東部、イランからモンゴル西部、中国北西部までの中央アジアで繁殖し、冬季はインド西部や中国西部にかけて越冬する体長約15cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、全部で3亜種が認められており、日本では迷鳥として舳倉島、飛島、愛媛県で計4回記録があるようですが、亜種名は不明とされています。

そんな珍鳥のイワバホオジロですが、渡りの途中、迷鳥として飛来してくれたようで、島の海岸線ではその独特の白いアイリングの可憐な姿を見せてくれました。頭部から胸脇は青灰色で、アイリングは白色、胸以下の体下面は橙褐色の成鳥夏羽のオスと思われます。

イワバホオジロ36

体の下面は淡い橙色ですが、赤褐色の部分が散らばっているため遠目には斑状に見えます・・・

イワバホオジロ38

イワバホオジロ50

イワバホオジロ51

イワバホオジロ52

イワバホオジロ53

イワバホオジロ29

背中から腰にかけて不明瞭な淡黒褐色の斑があるのもイワバホオジロの特徴です。

イワバホオジロ30

両足で器用に枝にとまってくれました・・・

イワバホオジロ42

イワバホオジロ40

今日は初見のイワバホオジロをご紹介しましたが、最初見た時にはよく似たズアオホオジロの可能性もあり、どちらだろうと関係者で検討した結果、①イワバホオジロは胸以下の体下面が橙褐色である(ズアオホオジロは腹以下の体下面が橙褐色である)、②背中から腰にかけて不明瞭な淡黒褐色の斑がある(ズアオホオジロは明瞭な黒褐色の縦斑がある)、③アイリングが白色(ズアオホオジロは淡黄色)、④三列風切の軸斑は直線的(ズアオホオジロは軸斑が細く凹みがある)であるなど、多くの特徴からイワバホオジロのオス成鳥と判断するに至りました・・・

なお、ご参考までに昨年モンゴルで撮影したズアオホオジロのブログを以下にご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1392.html

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
トカラに行ったんですか。
私は静かな方が良いと思い中旬に行ってきました。
カメラマンは全体でも7~8人でした。
鳥の種類も少なかったですが・・・(-_-;)
海岸に行くと帰りが大変と思い行きませんでした。

先日竜王まで行ったけれどその奥まで行きませんでした(笑)。

No title

ヤブコギ様

こんにちは
ヤブコギさんもトカラに行かれていたのですね。
今年は島を変更して宝島に行ってきましたが、平島に比べると
広くて、歩くのが大変でした。

今度、山梨に来られることがあれば、是非連絡ください。
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる