亜種ツメナガセキレイ、亜種マミジロツメナガセキレイ

トカラシリーズの続きで、今日はツメナガセキレイの2亜種をご紹介します。

ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)は夏季にユーラシア大陸中部以北、アラスカで繁殖し、冬季はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアなどへ渡り越冬。日本では5亜種(ツメナガセキレイ、キタツメナガセキレイ、シベリアツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、カオジロツメナガセキレイ)の記録があり、渡りの時期に日本海側の島嶼や南西諸島で比較的よく見られるほか、亜種ツメナガセキレイが北海道で繁殖し、冬季に亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来することが知られています。

渡りの途中、島に立ち寄った夏羽の亜種ツメナガセキレイ。眉斑、腮以下の体下面が黄色なのが特徴です

ツメナガセキレイ1

ツメナガセキレイ2

こちらは眉斑が白く、外頬線も白いことから亜種マミジロツメナガセキレイと思われます。

ツメナガセキレイ3

ツメナガセキレイ4

キセキレイのメスとのツーショット。キセキレイは尾羽が長く、体長は約20cm程ありますが、かたや亜種マミジロツメナガセキレイは尾羽もやや短く、体長も約17cmと小型です。

ツメナガセキレイ5

ツメナガセキレイ6

今日は渡りの途中、島に立ち寄った亜種ツメナガセキレイと亜種マミジロツメナガセキレイをご紹介しましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)ではツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)をEastern Yellow Wagtail(Motacilla tschutschensis)と Western Yellow Wagtail(Motacilla flava)の2種に分けており、将来的には従来の亜種ツメナガセキレイや亜種マミジロツメナガセキレイはEastern Yellow Wagtail(ヒガシツメナガセキレイ?)の亜種となるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる