コホオアカ

トカラシリーズの続きで、今日はコホオアカをご紹介します。

コホオアカ(Little Bunting)はスカンジナビア半島北部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島で繁殖し、冬季はネパール東部、インド北東部からインドシナ北部、中国南部、台湾に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として全国で記録があり、特に日本海側の島嶼や南西諸島では春秋の渡りの時期に毎年記録されています。

島の海岸線で目にしたコホオアカ。よく似たホオアカは全長約16cmと大きく、頬だけが赤褐色であるのに対し、コホオアカは全長約12.5cmと小さく、顔全体が赤褐色である点が異なります。

コホオアカ1

コホオアカ5

コホオアカ6

よく似たホオアカが留鳥または漂鳥として日本各地で生息しているのに対し、コホオアカは日本では数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼や南西諸島などに渡来することが知られています。そういう意味では、コホオアカは日本では大変貴重な鳥と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる