亜種オーストンオオアカゲラ

トカラシリーズの続きで、今日は奄美大島で出会った亜種オーストンオオアカゲラをご紹介します。

オオアカゲラ(White-backed woodpecker)はヨーロッパ東部、スカンジナビア南部、コーカサス、シベリア南部、モンゴル、中国東北部、ウスリー地方、朝鮮半島、樺太、日本、台湾、中国東南部などに幅広く生息し、全部で12亜種に分けられていますが、そのうち、日本では4亜種(エゾオオアカゲラ、オオアカゲラ、ナミエオオアカゲラ、オーストンオオアカゲラ)が 留鳥として周年生息することが知られており、中でも奄美群島の固有亜種オーストンオオアカゲラは生息数が少なく、国の天然記念物と希少野生動植物種に指定されています。

昨日のルリカケスと同じく、宿泊したロッジの裏山で目にした亜種オーストンオオアカゲラのオス。頭頂と腹以下の体下面は赤色で、胸脇から腹の黒褐色の縦斑は胸脇で大きくつながっています。

オーストンオオアカゲラ10

オーストンオオアカゲラ11

飛び出しました・・・

オーストンオオアカゲラ12

羽根を広げると翼の白斑がとても印象的です。

オーストンオオアカゲラ15

オーストンオオアカゲラ14

オーストンオオアカゲラ16

オーストンオオアカゲラ7

オーストンオオアカゲラ8

こちらはロッジ横の芝生に降りてきた同じ個体。

オーストンオオアカゲラ3

よく見ると腐食した切り株をつつき、中にいる蟻を食べているようでした。

オーストンオオアカゲラ4

オーストンオオアカゲラ5

オーストンオオアカゲラ6

昨年は見ることのできなかった亜種オーストンオオアカゲラでしたが、今回は幸運にもロッジの周辺でじっくり観察することができました。やはり、このような希少種は奄美を訪れた際には是非見ておきたい貴重な鳥と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる