アマミヤマシギ、アマミノクロウサギ

トカラシリーズの最後に、今日は奄美大島の夜の探鳥で目にしたアマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介します。

最初はアマミヤマシギです。アマミヤマシギ(Amami Woodcock)は奄美群島及び沖縄諸島に生息する日本の固有種として知られていますが、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島では繁殖が確認されていますが、喜界島、沖永良部島、沖縄本島、慶良間列島、久米島などでは繁殖は確認されておらず、越冬のため渡って来ていると考えられています。

暗くなった森の林道に出てきたアマミヤマシギ。アマミヤマシギは近縁種のヤマシギとよく似ていますが、体全体が赤褐色みに欠けるほか、頭頂の黒斑は最前のものが細く、2番目から太くなるのが特徴です。

アマミヤマシギ1

アマミヤマシギ2

次は鳥ではありませんが、夜の探鳥で目にしたアマミノクロウサギです。
アマミノクロウサギ(Amami Rabbit)は奄美大島、徳之島にのみ生息する日本の固有種で、和名の通り背面は光沢のある黒や暗褐色の体毛(腹面は灰褐色)で覆われており、形態およびDNAによる分子系統学的解析、生態からウサギ科の中でも原始的形態を残した種と考えられているそうです。

道路脇で固まっていたアマミノクロウサギ。ライトの明かりのためあまり黒く見えませんが、実際はもう少し黒っぽいようです。

アマミノクロウサギ1

アマミノクロウサギ2

アマミノクロウサギ3

今日は何れも奄美の名が付く日本の固有種、アマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介しましたが、先にご紹介したオーストンオオアカゲラやルリカケスをはじめ、奄美群島にこのような固有種が多い理由として、南西諸島が大陸とつながっていた太古の時代に動植物達が島に渡り住み、その後、島として分離され、その島固有の姿や生態を維持してきたためと考えられています。このことは他の南西諸島の島々や台湾などに固有種が多いことと共通しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる