コウライウグイス

舳倉島シリーズの続きで、今日はこちらも日本では大変人気のあるコウライウグイスをご紹介します。

コウライウグイス(Black-naped Oriole)はインド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、韓国、中国、台湾、北朝鮮、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ラオス、ロシアなどに分布する体長約26cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により全部で20亜種に分類されており、そのうち、日本では東アジアに分布する亜種コウライウグイス(Oriolus chinensis diffusus)が数少ない旅鳥として渡来し、主に日本海側の島嶼で春の記録が多いようです。

松の木にやって来たコウライウグイス。全身鮮やかな黄色で、後頸にかけての過眼線の幅が広いことから成鳥のオスと思われます。

コウライウグイス10

コウライウグイス11

こちらは遠くの松のてっぺんにとまった2羽のコウライウグイス。手前の個体は全身の黄色が鈍く、背面が緑色がかった褐色をしていることから幼鳥と思われ、親子で行動しているようでした。

コウライウグイス1

幼鳥のほうはよく見ると、松ぼっくりのようなものを咥えています。食性は雑食であることから、栄養価の高い松の実も好物なのでしょうか・・・

コウライウグイス2

コウライウグイス3

コウライウグイス5

コウライウグイス6

今日は日本では大変人気のあるコウライウグイスをご紹介しましたが、海外の公園などでは人馴れしているのか、比較的近くで撮影できますが、このような旅の途中では警戒心が強いようでなかなか近くでは撮らせてくれません。やはり国内できれいな写真を撮るのはなかなか難しいようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

舳倉島

突然、失礼いたします。
もう、2年前になりますか、舳倉島で名刺を頂戴した者です。
それ以来、楽しみにブログを拝見させていただいています。
今回の舳倉島の投稿から、多分同じ時期に渡っていたように思われます。
再会できなかったことを、非常に残念に思いました。
ブログともども、また、ご一緒に鳥見ができることを楽しみにしています。

No title

鳥魅童心 様

コメントありがとうございます。
稚拙なブログご覧いただいているとのこと、ありがとうございます。
舳倉島は同じ時期だったようですが、お会いできず大変残念でした。
舳倉島は春と秋にはできる限り行くようにしていますので、またお会い
できる機会があるかと思います。その折にはぜひご一緒に鳥見が
できればと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる