ヨタカ

舳倉島シリーズの続きで、今日はヨタカをご紹介します。

ヨタカ(Jungle Nightjar)は夏季に中国東部、ロシア南東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になるとインドネシアやフィリピン、インドシナ半島へ南下し越冬するほか、南アジアやマレー半島では周年生息する体長約29cmのヨタカ目ヨタカ科ヨタカ属の鳥で、日本では夏鳥として九州以北に飛来することが知られています。

横枝にとまり擬態して休んでいたヨタカ。全身褐色で、黒褐色や赤褐色の斑や模様があり保護色となっています。

ヨタカ1

縦位置でも撮ってみました。

ヨタカ2

こちらは少し違うアングルから・・・

ヨタカ3

ヨタカ4

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったヨタカをご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではかってのヨタカ(英名:Jungle Nightjar、学名Caprimulgus indicus)のうち、ヒマラヤから東アジア、東南アジアに分布するヨタカを別種(英名:Grey Nightjar、学名Caprimulgus jotaka)として分離独立させており、それに従えば、日本にやってくるヨタカはGrey Nightjar(Caprimulgus jotaka)の亜種Caprimulgus jotaka jotakaということになります・・・

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる