シマゴマ

舳倉島シリーズの続きで、今日はシマゴマをご紹介します。

シマゴマ(Rufous-tailed Robin)は夏季にロシア東部のバイカル湖付近から沿海州、サハリンで繁殖し、冬季は中国南部から東南アジアに渡り越冬する体長約13cmのヒタキ科ノゴマ属の鳥で、日本では数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼で記録が多く、北海道、南千島、本州、四国、九州、南西諸島などでも記録があるようです。

水場に現れたシマゴマ。額から尾にかけての上面は褐色で尾は赤みがかった褐色。腹部は白色で、頸の両側、胸、脇にオリーブ褐色の鱗状斑があることが特徴で、和名この鱗状斑から、英名は赤褐色の尾から名付けられています。

シマゴマ1

シマゴマ3

羽衣は個体差が多いようで、この個体は上面の褐色みはあまり強くありません。

シマゴマ9

シマゴマ2


シマゴマ4

シマゴマ7

別の場所で目にしたシマゴマ。この個体は全体的に赤褐色みが強く出ています。

シマゴマ8

今日は日本では数少ない旅鳥、シマゴマをご紹介しましたが、今年はシマゴマの当たり年なのか島の異なる場所でたくさんの鳴き声が聞かれたほか、水場にも羽衣の異なる個体が何個体も出てくれました。島に立ち寄るシマゴマは年によってかなり少ないこともありますが、このような個体数の変動は恐らく気象条件等により、たまたま島に立ち寄ってくれたかどうかだけで決まるものだと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる