ハヤブサ

舳倉島シリーの続きで、今日はハヤブサをご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸を除くほぼ全世界に分布し、寒冷地に分布する個体群は冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬。日本では亜種ハヤブサが周年留鳥として生息し、冬季に亜種オオハヤブサや亜種シベリアハヤブサが越冬のため稀に飛来するようです。

そんなハヤブサですが、この時期、渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってやってきているようで、日中激しく飛び回っていました。こちらは海岸線で獲物を探して周りを見まわしていたハヤブサ。

ハヤブサ1

ハヤブサ2

ハヤブサ3

ハヤブサ4

こちらは小鳥を追いかけて海岸線を低空飛翔していたハヤブサ。

ハヤブサ5

ハヤブサ10

ハヤブサ11

今日は渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってやってきたハヤブサをご紹介しましたが、このハヤブサはまだ若い個体のようで、狩りはそれほどうまくなく失敗を繰り返していました。鳥類の頂点に立つ猛禽類でも生きていくのはなかなか大変なようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる