ハチクマ、ハイタカ、ツミ

舳倉島シリーズの続きで、今日は渡りの途中、島にやって来たと思われるハチクマとハイタカ、ツミをご紹介します。

最初はハチクマです。

ハチクマ(Crested honey Bazzard)はロシアのバイカル湖付近から極東地域、サハリン、中国東北部にかけての地域とインドから東南アジアで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面の地域に渡り越冬。日本では夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。

移動途中、島の上空を旋回していたハチクマ。体下面と下雨覆が白っぽく、尾羽の黒帯が細いことから、淡色型のメスと思われます。

ハチクマ1

ハチクマ2

ハチクマ3

ハチクマ4

次はハイタカです。

ハイタカ(Eurasian Sparrowhawk)はユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布し、6亜種に分類されていますが、日本にはシベリア東部からカムチャッカ、中国北部、日本などで繁殖する亜種ハイタカが留鳥として四国以北に分布し、九州以南では冬鳥として知られています。

移動途中、島に立ち寄ったと思われる亜種ハイタカ。逆光のため鮮明な写真ではありませんが、尾が長く見え、飛翔時、初列風切最外の翼指の分離が6枚であることから何とかハイタカであることが分かります。

ハイタカ1

ハイタカ2

ハイタカ3

最後はツミです。

ツミ(Japanese Sparrowhawk)は夏季に中国東部や日本、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアに南下して越冬。日本では温暖な地域では周年生息(留鳥)しますが、寒冷地では冬季に南下することもあるようです。

移動途中、島に立ち寄ったと思われるツミ。胸以下に黒褐色の横斑あることからメスと思われます。

ツミ1

ツミ2

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったと思われるハチクマとハイタカ、ツミをご紹介しましたが、そのうち、ハイタカやツミは島に立ち寄る小鳥類を狙っているようで、猛スピードで獲物を追いかける姿を時折見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる