ブッポウソウ、アオバト

舳倉島シリーズの最後に今日はブッポウソウとアオバトをご紹介します。

最初はブッポウソウです。

ブッポウソウ(Oriental Dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリアで繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息。日本には夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡りますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

はるか遠くの松の木にとまっていたブッポウソウ。大きくトリミングしていますが、光沢のある青色の胴体と赤い嘴を何とか確認することができます。

ブッポウソウ1

ブッポウソウ2

ブッポウソウ3

次はアオバトです。

アオバト(White-bellied Green Pigeon)は中国、台湾、日本に分布し、本州、四国、九州では留鳥で、北海道では夏鳥、南西諸島や台湾、中国では冬鳥として知られています。

そんなアオバトですが、北に向かう移動の途中なのでしょうか、はるか遠方の松の木に数羽とまっていました。

アオバト1

更に大きくトリミング。鮮明な写真ではありませんが、この個体は肩羽が暗赤色であることからオスであることがかろうじて分かります。

アオバト2

今日まで長々と舳倉島シリーズにお付き合いいただきありがとうございました。今回はそれほど珍鳥という鳥には出会うことができませんでしたが、それでもこのような日本海側の島嶼ならではの鳥たちに出会うことができ、楽しい時間を過ごすことができました。次回は秋の渡りシーズンに再び訪れたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる