アカコッコ

三宅島探鳥記の続きで、今日はこちらも三宅島を代表する鳥、アカコッコをご紹介します。

アカコッコ(Izu Thrush)は留鳥として伊豆諸島とトカラ列島だけで繁殖する体長23~24cmのヒタキ科ツグミ属の日本の固有種で、オスは頭部から胸は光沢のある黒色で嘴、眼瞼輪は黄色、腹から脇は暗橙色という大変インパクトのある美しい鳥です。

水場近くにやって来たアカコッコのオス。この場所で繁殖しているらしく、足輪が付けられていました。

アカコッコ1

アカコッコ2

アカコッコ3

アカコッコ4

アカコッコ5

枝にとまったアカコッコ。

アカコッコ6

昨日に続き、こちらも三宅島を代表するアカコッコをご紹介しましたが、アカコッコもまた開発による生息地の破壊、人為的に移入されたニホンイタチによる捕食、また最大の繁殖地である三宅島では2000年の噴火などにより生息数は減少しているそうで、1975年に国の天然記念物に指定されています。この貴重な鳥がいつまでも私たちの目を楽しませてくれることを祈りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる