固有亜種タネコマドリ

三宅島探鳥記の続きで、今日はコマドリの亜種で日本の固有亜種タネコマドリをご紹介します。

コマドリ(Japanese Robin)は夏季に日本の九州以北、サハリン、南千島で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬する亜種コマドリのほか、伊豆諸島、種子島、屋久島に分布する固有亜種タネコマドリの2亜種が分布し、亜種コマドリが亜高山帯の渓谷や斜面にある笹などの下草が生い茂った針葉樹林や混交林で生息するのに対し、亜種タネコマドリは主に照葉樹林に生息しています。

水場にやって来た亜種タネコマドリのオス。暗い場所でしかも水浴びを終えた後のため綺麗な写真ではありませんが・・・

タネコマドリ3

タネコマドリ4

タネコマドリ5

タネコマドリ1

タネコマドリ2

こちらは全体的に色が鈍い亜種タネコマドリのメス。

タネコマドリ10

タネコマドリ12

タネコマドリ13

今日はコマドリの亜種で日本の固有亜種タネコマドリをご紹介しましたが、和名の由来ともなった種子島では近年繁殖は見つかっておらず、屋久島の個体群も伊豆諸島の個体群とは羽色が異なることから、分類上の再検討が必要との指摘もあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる