亜種カラスバト

三宅島探鳥記の最後に、今日は亜種カラスバトをご紹介します。

カラスバト(Japanese Wood Pigeon)は日本と朝鮮半島南部の海岸、済州島、鬱陵島にのみ分布する体長約40cmのハト科カワラバト属の鳥で、日本では留鳥として本州中部以南の島嶼に分布し、春秋の渡りの時期には日本海側の離島で観察されることが多いことで知られています。なお、カラスバトは以下の3亜種が認められており、①亜種カラスバト(本州中部以南の島嶼、朝鮮半島南部の海岸と島嶼)、②亜種アカガシラカラスバト(小笠原諸島、硫黄列島)、③亜種ヨナグニカラスバト(先島諸島)、今回、三宅島で目にしたのはの伊豆諸島に分布する亜種カラスバトです。

島の周遊道路脇の枯れ木にとまっていた亜種カラスバト。全身真っ黒に見え、キジバトより大きく、体のわりに頸は長く、頭が小さく見えるのが特徴です。

カラスバト6

空抜けのため本来の美しい色が出ていませんが、よく見ると頭から後頸、背は赤紫色で、頸と胸には緑色の金属光沢が見られます。

カラスバト1

カラスバト8

カラスバト2

カラスバト3

カラスバト5

今日まで三宅島で目にした鳥たちを縷々ご紹介してきましたが、島で目にする鳥たちはほとんどが固有種あるいは固有亜種たちであり、東京都とはいえ船で約6時間半という離れた場所で長い時間をかけ独自の進化を遂げてきたものと思われます。今回、幸いにも代表的な野鳥はほぼ目にすることができましたが、三宅島には離島ならではの様々な魅力があり、今度はのんびりと島で過ごしてみたいと思いながら島を後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる